最短合格のための社会保険労務士講座お役立ち情報

社会保険労務士の通信講座を徹底比較  » 社会保険労務士資格試験の基礎知識 » 社労士試験の難易度

社労士試験の難易度

ここでは、社会保険労務士の試験の難易度について解説したいと思います。

社会保険労務士の過去5年間の合格率を見てみると、

  • 平成19年度…受験者数45,221人/合格者数4,801人(合格率10.6%)
  • 平成20年度…受験者数47,568人/合格者数3,574人(合格率7.5%)
  • 平成21年度…受験者数52,983人/合格者数4,019人(合格率7.9%)
  • 平成22年度…受験者数55,445人/合格者数4,790人(合格率8.6%)
  • 平成23年度…受験者数53,392人/合格者数3,845人(合格率7.2%)

といった結果となっています。

平成19年度以降は、合格率が10%を下回っており、ビジネス資格の中では相対的に難易度は高い試験といえるでしょう。試験範囲となる法律は、難解で種類も多く、覚えなければならない事項も膨大です。

選択式、択一式の総得点だけでなく、科目ごとの足切りラインが設定されており、1科目でも基準点に達しないと合格できないという厳しい条件も、難易度を高めています。たった1つの選択肢を正解できなかったために不合格、という惜しい受験者が少なくないのです。

試験に合格するための勉強法とは?

一般的に、社会保険労務士に合格するには、1〜3年程度とされていますが、これには個人差があり、一発合格をする人もいれば、5回、6回目の試験で合格するといった人もいます。
統計はありませんが、合格者の声を見る限りでは、2回目、3回目の受験で合格している人が多いようですね。

全国社会保険労務士会連合会のデータによると、合格している人の7割程度が社会人。仕事と勉強を両立して合格している人が多いことがわかります。

問題は全てマークシート形式で、記述式ではないため、初心者でも、勉強量が成果につながりやすい試験ともいえますが、法改正情報が試験対策の重要な部分を占めることや、労働一般常識など試験委員対策を含めた傾向分析が必須です。独学ではかなり厳しい面があるため、スクールや講座を活用して勉強する人が大半となっています。