最短合格のための社会保険労務士講座お役立ち情報

社会保険労務士の通信講座を徹底比較  » 社会保険労務士資格試験の基礎知識 » 試験概要

試験概要

ここでは、社会保険労務士の試験に関する基本情報を紹介していきます。

受験資格

社会保険労務士の試験は誰もが挑戦できるものではなく、受験するにあたり、学歴・実務経験等の条件があります。

受験資格は、学歴、実務経験、その他の国家試験合格の3つに分けられます。
試験を目指す前に、受験資格に該当しているかどうか、まずは社会労務士試験オフィシャルサイトなどでチェックしてみてください。

試験日程

【試験日】毎年8月下旬の日曜日に行われる
【試験時間】選択式80分(午前中)、択一式210分(午後)
【合格発表】11月中旬頃

試験科目・問題形式

試験科目は労働関係、社会保険関係の法律が中心です。
問題形式は択一式と選択式があります。ともにマークシート式です。
社会保険労務士試験のオフィシャルサイトでは、過去問が公開されていて、PDFでダウンロードすることもできます。試験対策のひとつとして、チェックしてみることをおすすめします。

労働関係科目

  • 労働基準法・・・択一式7問/選択式1問
  • 労働安全衛生法・・・択一式3問/選択式1問
  • 労働者災害補償保険法(労災保険法)・・・択一式7問/選択式2科目2問
  • 雇用保険法・・・択一式7問/選択式2科目2問
  • 労働保険料徴収法・・・択一式6問/選択式2科目2問
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識・・・択一式5問/選択式1問

社会保険関係科目

  • 健康保険法・・・択一式10問/選択式1問
  • 厚生年金保険法・・・択一式10問/選択式1問
  • 国民年金法・・・択一式10問/選択式1問
  • 社会保険に関する一般常識・・・択一式5問/選択式1問

※択一式のうち、労働保険料徴収法は、労災保険関連、雇用保険関連から各3問ずつ出題されます。
※選択式のうち、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険料徴収法は、3科目のうち毎年2科目、2問が出題されます。ただし、最近は労働保険料徴収法からの出題はありません。

合格基準

選択式と択一式を合わせた総得点と、科目ごとの得点によって毎年定められます。

総得点の目安は7割以上とされていますが、問題の難易度によって、合格ラインが毎年変わるため、実際にはそれより低くても合格できる年もあります。

総得点だけではなく科目ごとの基準点もあるため、足切りラインにかからないよう、不得意科目を作らず、すべての科目で安定して得点することが必要です。

登録

試験合格後、社会保険労務士として登録するには、労働社会保険諸法令に関する2年間の実務経験、もしくは全国社会保険労務士会連合会が行う事務指定講習を受講することが必要になります。