最短合格のための社会保険労務士講座お役立ち情報

社会保険労務士の通信講座を徹底比較  » 合否の鍵を握る 社会保険労務士講座の選び方 » 学習内容とサポート体制をチェック

学習内容とサポート体制をチェック

ここでは、社会保険労務士の講座選びの際に押えておくべきチェックポイントを解説していきます。

社会保険労務士は、今ではたくさんの人に目標とされる資格となっていますが、そのために、通信講座も豊富にあり、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。
そこで、ここでは優良な通信講座を見極めるためのチェックポイントを紹介していきたいと思います。

社会保険労務士の講座選びのチェックポイント

社会保険労務士の講座・スクール選びをする際にチェックしておくべきポイントとしては、

  • 講座で何が学べるのか
  • 講師の質はどうか
  • どんなサポート体制があるのか

という点があります。

講座で何が学べるのか?というのは、たとえば、基本から学べるのか、基礎が身についた人向けの応用講座なのか、答練付きであるか、直前対策はしてもらえるのか、といったことです。
講座に求めるものは人それぞれだと思いますが、求めている内容とここがズレていると、満足できる結果にはつながりにくいと思います。

過去問だけの講座や、行政書士・社会保険労務士の試験本番直前対策の講座等を開設しているというのも、チェックしておきたいポイント。基本となる講座がいちばん大切ですが、弱点を補ったり、直前に弾みをつけるために単発で、格安の値段で申し込める講座が用意されていると、結構重宝するものです。

また、講師の質もかなり重要です。大学受験の予備校などでもそうですが、人気講師には人気の理由があるものですよね。
講義の内容がわかりやすい、集中できるような授業運びをしてくれるなど、講師のレベルによって、講座のレベルや充実度がかなり変わってきます。
結果として、試験の合否にもつながってくるので、講師のレベルは重視するべきだと思います。

ただ、テレビに出るようなよほどの人気講師でない限り、顔や名前だけを見て判断するのは難しいですよね。
そこでおすすめしたいのが、HPでプロフィールや経歴などが確認できるか、という点です。

スクール側が誇れる講師であれば、スクールのHPに必ず講師のプロフィールや経歴が掲載されています。
公表するということは、評価がされている講師ということですから、見極めの指針にはなるかな、と思います。

見落としがちですが、サポート体制も事前にチェックしておきましょう。通信教育などでは特に、質問受け付けの体制は重視しておくべきです。
自宅で学習していると、疑問が色々出てきます。このとき質問できるシステムがなかったりすると、自習しているのと変わりません。

せっかくお金を払って講座を受けているわけなので、疑問点はしっかりと解消しないと損ですよね。
その他、セミナーや懇親会など、モチベーションを上げるためのサポート体制があれば、さらに良いと思います。