最短合格のための社会保険労務士講座お役立ち情報

社会保険労務士の通信講座を徹底比較  » 社会保険労務士講座が学べる人気スクールを比較 » LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

ここでは、歴史ある大手資格スクールLECの社会保険労務士講座について紹介していきます。

LECの社会保険労務士講座の概要

  • カリキュラム:新合格+基礎コース(80回)
  • 学習形態:通学WEB・通学DVD・提携校通学・通信Web+音声DL・通信DVD
  • 費用:21万円(早割り・書店割引あり)

LEC(東京リーガルマインド)は、1979年設立の歴史ある大手資格スクール。法律系資格で豊富な実績があり、新司法試験、法科大学院をはじめ、法律系、公務員、簿記・会計系、労務・キャリア系、ビジネス実務系等多くの資格講座、実務講座を開講しています。
同じく大手資格スクールとして知られるTACより1年早い1985年に社会保険労務士講座を開講し、大手の中でも最も古くから社労士試験に取り組んでいる指導校のひとつとなっています。

社会保険労務士講座の特徴は、

  • 社会保険労務士講座は1985年開講以来の豊富な指導実績
  • 社労士学習の常識を覆す画期的な教材・カリキュラム
  • 答案練習や模試が多くアウトプット力が鍛えられる

ということになると思います。

一番の特徴は、従来の社労士学習の原則を覆す、教材・カリキュラムの独自性です。

メイン講座である「新合格講座」は、難易度が高く苦手とする受験生が多い年金2科目(国民年金・厚生年金)をひとつにまとめ、横断的・並行的な理解を目指すものになっています。
年金科目を学習期間の最初に配置している点も特徴的。充分な勉強時間を確保するための狙いのようです。

2013年度向け講座からはテキストを一新し、自由に並べ替えや情報の追加が可能なバインダー方式の「Work up note」を取り入れています。難解な条文をいきなり掲載するのではなく、具体的な図表と平易な解説文を豊富に取り入れているので、例外規定が多く複雑な法律条文の内容がスムーズに理解できる工夫もされています。
この画期的な教材は、資格試験経験者からも厚い支持を得ています。

LEC社会保険労務士講座のサポート体制は?

LECの社会保険労務士講座では、通学講座でもWeb、DVD等のフォローが標準で付いている講座が多数用意されています。通常これらのフォローは有料オプションとなるのが一般的ですが、LECでは標準コースに含まれているので、講義を欠席したときや、もう一度復習したいときにとても便利です。

LECは対応が事務的、という声をよく耳にしますが、感じ方には個人差があるようです。ガイダンスなどで、スタッフの対応や窓口の雰囲気も確認してみると良いと思います。

修了生・合格者の声

  • LECを選んだ理由は、駅から近いことと、講義の録音ができること、講義の内容をWeb上で視聴できるフォロー制度がある点です。平日夜の通学コースだったので、駅から近いのは安心感がありました。講義の録音は、場所を選ばずいつでも何度でも聴けましたし、Webで講義の視聴ができるのと、あらゆる情報が得られるのと、答練・模試の結果をWebで確認できる点もよかったです。
  • 1年目の受験の時には、講師の人気度や教材のわかりやすさなどから、LECの通信講座を受講しました。DVDなので何度も講義を聞ける点が良かったです。2年目の時は、再受験生を対象とした井上先生のゼミを受講しました。生講義なので、重要なポイントが分かりやすく、また分からないところをすぐ質問できる環境も良かったです。同じレベルやそれ以上の仲間に囲まれ、切磋琢磨しながらお互いを高めあうことができました。大学の勉強と就職活動も同時に行わなければならなかったので、講義に毎回出席することがなかなか難しかったのですが、webフォローのおかげで休んだ講義を次の講義までに受講して取り戻しておくことができました。
  • テキストに関しては、過去に出題した頻度や重要度がはっきりと示されており、そこを重点に効率よく学習できました。本当にメインテキストは重宝させていただきこれがあれば大丈夫と思えるように自分で書き込みをして自分だけの教材に仕上げました。試験直前期には自分でも不安であった、白書攻略講座や一般常識攻略講座、選択式攻略講座を受講し、自信をつけることができ本番に臨めました。