最短合格のための社会保険労務士講座お役立ち情報

社会保険労務士の通信講座を徹底比較  » 知っておきたい!社労士お仕事事情 » 仕事の内容と需要は?

仕事の内容と需要は?

社労士(社会保険労務士)の仕事内容とは? 気になる情報を調べてみました。

社労士の仕事内容

社労士は、労務管理・社会保険に関する専門家。社会保険労務士法で定められた国家資格です。仕事内容は、大きく3つに分けられます。

  1. 労働社会保険諸法令に基づく申請書の作成、事務代理、手続代行等
  2. 労働社会保険諸法令に基づく就業規則、賃金規程等の書類作成、給与計算事務等
  3. 企業の人事・労務管理全般に関する相談業務及び指導業務

上の2つは社労士の独占業務ですが、最近では3つ目の項目として挙げたコンサルティング業務を中心に活躍している社労士も増えてきています。

この他、「特定社会保険労務士」として、労働関係の裁判外紛争解決手続(ADR)の代理業務を行うこともあります。

社労士の就職事情

社労士は、独立開業、企業内勤務いずれも可能な資格です。

独立開業をする場合

顧客企業と顧問契約を結んで仕事をするのが一般的です。他の資格(税理士・行政書士等)を持ち、兼務する人もいます。

開業すること自体は、資格さえあれば難しくありませんが、経営は簡単ではないのが実情です。他の士業と同様に、顧客である企業は増えない一方、社労士の数は増えているため、昔ほど新規参入が容易ではなくなってきているとも言われます。

とはいえ、アイディアや営業力次第では大きな収入が得られるのも、独立開業の強みであり、魅力です。社労士の業務分野は幅広く、人事コンサルティングや、助成金コンサルティングなどの専門領域を強化するなど、独自の視点が必要とされます。

終身雇用や年功序列といった仕組みが弱まった近年では、企業の人事制度や労務管理も多様化しているため、社労士が手掛けるコンサルティング業務の幅も拡大しているといえます。

企業に勤務する場合

一般企業はもちろんのこと、社会保険労務士法人などに勤務して実務経験を積んでいくことも可能です。開業社労士と比べると、企業に所属する勤務社労士の方が多いというのが実情です。

リスクが少なく、安定した収入が得られるところが企業勤務の魅力です。
社労士の資格を有することで、企業の総務・人事部門などに勤務しながら、社会保険関係の書類作成・手続、就業規則の変更など、専門性を生かした業務を行うことができます。

上のような手続はどの会社でも必要になるものなので、社内に社労士がいることは企業にとってもメリットがあり、資格手当を支給する会社もあります。

社労士の年収

厚労省の「賃金構造基本統計調査」によれば、社労士の平均年収は、平成24年現在で452万円。資格職における年収ランキングを発表している「年収ラボ」によれば、15位に付けるなど、比較的安定した位置にあるようです。

この452万円は、あくまでも企業に勤める勤務社労士の平均値で、独立開業し、営業が軌道に載った社労士の中には、倍以上の年収を得手いる人は少なくありません。実際、事務所を構え数人のスタッフを雇う開業社労士の中には、年収が2千万とも3千万ともされている方が多く存在します。

社内で活躍するためのスキルアップとして社会保険労務士資格の取得を目指す方も多いようですが、独立開業して年収1千万円超えを目指し、さらなるステップアップにチャレンジするのも良いのではないでしょうか。

この記事の関連のページ